AXIA

0120-972-510
0120-972-510 042-753-3355
受付時間:9:30〜18:30【平日のみ】

ご相談実績

2020.09.08

銀行口座の凍結は、いつ行われますか?

口座名義人が亡くなられたとき、いつ、どのタイミングで預貯金口座の凍結がされますか、というご質問を頂きました。

 

ご質問にお答えする前に、最近の法改正によってできた新しいルールをご紹介します。
令和元年7月1日より改正民法が施行され、一定額までは凍結口座から預貯金を引き出せるようになりました。

民法第909条の2(遺産分割前における預貯金債権の行使)
通称「仮払い制度」と呼ばれています。
条文の内容を簡単にしますと、「各相続人は、預貯金額の3分の1に自分の法定相続分を乗じた額までなら、個別に預金の引き出しができる。引き出した分は、自分の相続分に充当される」となります。
(上記についてのご案内はこちらをご覧ください。)

 

それではタイトルの「口座凍結」についてご案内致します。

■口座凍結の時期
銀行は、口座名義人の死亡を知ったときに、口座を凍結します。
死亡届を役所へ提出した後でも、個人の口座からお金を引き出すことができます。
役所から銀行へ死亡の通知は行いません。よって、相続人などが銀行へ通知しない限り口座は凍結しません。

■口座凍結は相続人間のトラブルを防止するため
銀行へ死亡を知らせず、そのまま自由に引き出すことによって、後々相続人の間で、大変なトラブルになることが想定されます。
そのようなことになるのを未然に防ぐため、できるだけ早めに銀行へ死亡の連絡をし、凍結してもらいましょう。

 

被相続人の戸籍収集や法定相続情報の取得、遺産分割協議書の作成サポートなど、相続に関する様々なお手続きのお手伝いを専門としている行政書士事務所です。さらに当事務所では、提携司法書士、提携税理士と連携しスムーズに且つ低コストで相続に関する相談を解決出来ます。

お忙しい方は、私共へ委任状をいただくことにより代わってお手続きを行うことが可能です。
また相続安心パックというサービスもございます。

是非お気軽にご相談ください。

電話はフリーダイヤル0120-972-510(携帯電話からは相模原本社042-753-3355)
メールでのお問合せはこちらからお気軽にご連絡ください。