ご相談実績

2022.11.14

軽自動車の所有者が亡くなられた場合の相続手続きと必要書類について解説

黄色ナンバーで使用者と所有者が同じ個人名義の軽自動車を、相続発生により相続人(個人)へ名義変更する場合の必要書類についてご説明をいたします。

手続き先は、新しい使用者が車を使用する場所(使用の本拠の位置)を管轄する軽自動車検査協会の事務所、支所、分室となります。

必要書類 
 
①自動車検査証(車検証)の原本
 ※コピー不可

②車検証に記載されている所有者の方の戸籍謄本等または、法定相続情報一覧図の写し(亡くなられた事実と、新使用者及び新所有者が相続人であることが確認できる公的機関が発行した書面)
  ※コピー(複写)可。複数ページで交付された書面の場合は、全ページ分

③新しく使用者となる方の住所を証する書面(発行から3ケ月以内)。以下のいずれか一点(個人の場合)
・住民票の写し(マイナンバーが記載されていないもの)
・印鑑(登録)証明書
 ※コピー(複写)可。複数ページで交付された書面の場合は、全ページ分

④自動車検査証に記載されている「使用の本拠の位置」の管轄が変更となる場合は、ナンバープレート(車両番号標)前後2枚と、新しいナンバープレート代(約1,900円)が別途必要
(希望ナンバーを希望の場合は別途予約と別料金が必要)
 紛失等により、ナンバープレートが無い場合には、車両番号標未処分理由書の提出が必要

⑤自動車検査証記入申請書(軽第1号様式)
 令和3年1月4日より、申請手続等にかかる押印、署名は不要となりました

⑥代理人が手続きをする場合は、申請依頼書(様式5)

手続きに必要な申請書(⑤、⑥など)は、軽自動車検査協会のホームページよりダウンロード可。又は協会事務所、支所の窓口で無料で配布しています。

また、納税者を変更する手続きが必要となります。
・軽自動車税(種別割)申告書
・軽自動車税(環境性能割)申告書
を手続き時に配布されますので、作成し提出します。

詳細は、軽自動車検査協会のホームページをご参照下さい。

私共は被相続人の戸籍収集や法定相続情報の取得、遺産分割協議書の作成サポートなど、相続に関する様々なお手続きのお手伝いを専門としている行政書士事務所です。さらに当事務所では、提携司法書士、提携税理士と連携しスムーズに且つ低コストで相続に関する相談を解決出来ます。

お忙しい方は、私共へ委任状をいただくことにより代わってお手続きを行うことが可能です。
また相続安心パックというサービスもございます。

是非お気軽にご相談ください。

電話はフリーダイヤル0120-972-510(携帯電話からは相模原本社042-753-3355)
メールでのお問合せはこちらからお気軽にご連絡ください。

行政書士法人AXIA
行政書士法人AXIA Mail 行政書士法人AXIA LINE