AXIA

0120-972-510
0120-972-510 042-753-3355
受付時間:9:30〜18:30【平日のみ】

ご相談実績

2020.08.13

相続時の生命保険金の扱いについて

相続時の生命保険金についてご質問をいただきました。

生命保険に加入する際には、死亡保険金受取人として必ず誰かを指定します。受取人を誰にするかによって、保険金にかかる税金の種類が変わります。

原則、死亡保険金は遺産分割の相続財産には含まれません。しかし「みなし相続財産」として相続税の算定に含まれます。死亡保険金に税金がかかるパターンは、多くの場合次の3つとなります。

■パターン1 契約者と被保険者が同じ人、受取人が相続人である ⇒相続税
例)契約者:A(亡夫)  被保険者:A(亡夫)  受取人:B(妻や子)

この場合、受け取る保険金にかかる税金は「相続税」となり、「生命保険の非課税」という控除があります。
・生命保険の非課税枠: 500万円×法定相続人の数

相続税の扱いなので、さらに「基礎控除」もあります。
・基礎控除額: 3,000万円+600万円×法定相続人の数

■パターン2 契約者と被保険者が異なる、契約者と受取人が同じ人 ⇒所得税・住民税
例)契約者:A(夫)  被保険者:B(亡妻)  受取人:A(夫)

受け取る保険金は「一時所得」となるため、「所得税・住民税」の課税対象となります。

■パターン3 契約者と被保険者が異なる、契約者と受取人が異なる ⇒贈与税
例)契約者:A(夫)  被保険者:B(亡妻)  受取人:C(子)

契約者と被保険者が異なり、契約者以外の人が保険金を受け取る保険金にかかる税金は、「贈与税」となります。死亡保険金額から、基礎控除額110万円を引いた金額が、課税所得となります。

 

当事務所では、提携司法書士、提携税理士と連携しスムーズに且つ低コストで相続に関する相談を解決出来ます。お忙しい方は、私共へ委任状をいただくことにより代わってお手続きを行うことが可能です。
また相続安心パックというサービスもございます。

是非お気軽にご相談ください。

電話はフリーダイヤル0120-972-510(携帯電話からは相模原本社042-753-3355)
メールでのお問合せはこちらからお気軽にご連絡ください。