ご相談実績

2022.09.12

相続放棄の手続きの期限について解説

遺産相続では、亡くなった方の権利と義務の一切を継承します。プラスの財産だけでなく、マイナスの財産も引き継ぎます。

亡くなった方に借金やローンなどの負債が多く、遺産相続を辞退したい時は、相続を放棄することができます。

ただし、相続の放棄は家庭裁判所への申請が必要となり、その手続きには期限があります。
自己のために相続の開始があったことを知った日から3ヶ月以内に、亡くなった方の最後の住所地の家庭裁判所へ「相続放棄申述書」と必要書類を提出し、手続きを済ませる必要があります。

相続放棄が受理されると、相続を放棄した人は初めから相続人でなかったことになります。
この手続きは、相続人単独で行うことができます。

相続人になることを知ってから何も意思表示せずに3ヶ月が経過すると、マイナスの財産も含めてすべての遺産を無条件で相続したものとみなされます。(法定単純承認といいます)ので、亡くなった方が多額の負債を残されている可能性がある場合は、早めに財産の調査をし、相続放棄するかどうかの判断が必要になります。

相続放棄の申請の詳細に関しましては裁判所のページをご参照ください。

私共は遺言書の作成サポート、被相続人の戸籍収集や法定相続情報の取得、遺産分割協議書の作成サポートなど、相続に関する様々なお手続きのお手伝いを専門としている行政書士事務所です。さらに当事務所では、提携司法書士、提携税理士と連携しスムーズに且つ低コストで相続に関する相談を解決出来ます。

お忙しい方は、私共へ委任状をいただくことにより代わってお手続きを行うことが可能です。
また相続安心パックというサービスもございます。

是非お気軽にご相談ください。

電話はフリーダイヤル0120-972-510(携帯電話からは相模原本社042-753-3355)
メールでのお問合せはこちらからお気軽にご連絡ください。

行政書士法人AXIA
行政書士法人AXIA Mail 行政書士法人AXIA LINE