AXIA

0120-972-510
0120-972-510 042-753-3355
受付時間:9:30〜18:30【平日のみ】

ご相談実績

2021.01.28

相続人が既にお亡くなりになられている場合の相続(代襲相続)

本来、相続人になるべき人が、既に亡くなっている場合の相続人についてご質問を頂きました。

 

ご質問のような相続は、「代襲相続(だいしゅうそうぞく)」と呼ばれます。

例えば、
Aが亡くなられ、Aには配偶者Bそして子Cと子Dがいるが、
Aより先に既にCが亡くなっている場合です。
Cに子E、Fがいた場合、つまりAの孫が代襲相続人になります。

この場合の相続人や相続分は以下のようになります。
法定相続人; 配偶者B、子D、孫E、孫F
法定相続分;
配偶者B 1/2 配偶者は常に相続人となり1/2の相続分があります
子D 1/4 子は残りの1/2を子同士で分けますので、Cが本来もらうべき分をE,Fと分けます
孫E 1/8
孫F 1/8

配偶者以外の法定相続人が先に亡くなられている場合に、代襲が発生します。
本来の相続人から次の世代に引き継ぐので、「代襲」と呼ばれます。
父母が亡くなられていた場合には祖父母が相続人になりますが「代襲」とは呼ばれません。

代襲相続人になり得るのは、亡くなられた方(被相続人)から見て、
孫、ひ孫、さらに直系は下の世代まで続きます。
また甥、姪も代襲相続人になり得ます。しかしそれより下の世代には引き継ぎません。

 

私共は遺言書の作成サポート、被相続人の戸籍収集や法定相続情報の取得、遺産分割協議書の作成サポートなど、相続に関する様々なお手続きのお手伝いを専門としている行政書士事務所です。さらに当事務所では、提携司法書士、提携税理士と連携しスムーズに且つ低コストで相続に関する相談を解決出来ます。

お忙しい方は、私共へ委任状をいただくことにより代わってお手続きを行うことが可能です。
また相続安心パックというサービスもございます。

是非お気軽にご相談ください。

電話はフリーダイヤル0120-972-510(携帯電話からは相模原本社042-753-3355)
メールでのお問合せはこちらからお気軽にご連絡ください。