ご相談実績

2022.04.13

法定相続情報証明制度を利用できる方について解説

法務局の法定相続情報証明制度を利用できる方についてご説明させていただきます。

法定相続情報証明制度を利用できる方(手続きの申出人となることができる方)は、お亡くなりになられた方(被相続人)の相続人となります。当該相続人の地位を相続により承継した方も含みます。

ご注意いただきたいのは、被相続人や相続人が日本国籍をもっておらず、戸籍がない場合は、この制度を利用することができません。
法定相続情報一覧図は、戸籍の記載から判明する法定相続人を一覧にした図であるためです。

この制度の申出の手続きは、申出人が代理人に依頼をすることができます。
委任による代理人については、申出人の親族のほか、弁護士、司法書士、土地家屋調査士、税理士、社会保険労務士、弁理士、海事代理士、行政書士に依頼をすることができます。

私共は遺言書の作成サポート、被相続人の戸籍収集や法定相続情報の取得、遺産分割協議書の作成サポートなど、相続に関する様々なお手続きのお手伝いを専門としている行政書士事務所です。さらに当事務所では、提携司法書士、提携税理士と連携しスムーズに且つ低コストで相続に関する相談を解決出来ます。

お忙しい方は、私共へ委任状をいただくことにより代わってお手続きを行うことが可能です。
また相続安心パックというサービスもございます。

是非お気軽にご相談ください。

電話はフリーダイヤル0120-972-510(携帯電話からは相模原本社042-753-3355)
メールでのお問合せはこちらからお気軽にご連絡ください。

行政書士法人AXIA
行政書士法人AXIA Mail 行政書士法人AXIA LINE